01



どうも、1.9ForgeのRecommended版でてますね れお専務です。
「ゴールデンウィークは10日連続記事投稿!!」9日目 詳細はこちら

MOD紹介第23回「Realistic Torches」

今回はChaosTheDude氏製作の「Realistic Torches」を紹介します。ダウンロードはこちら

MineCraftで松明ってかなり重要ですよね、モブの湧きを防いだり、視界を明るくしたり
でもおかしいって思ったことはありませんか? はじめから火がついてるし。
このMODを入れることで松明がより現実的になります。


いつものように松明をクラフトしようとするとUnlit Torchにレシピが変わっています。
02

Unlit Torchは設置しても明るくありません。
01
 
明るさを得るためには火をつけなければなりません。そのために火打石と打ち金を使います。
03
 
わざわざ火打石と打ち金を使うのが面倒な方はこちら
木材ハーフブロック(種類何でも)と紙でMatchboxを作ります。
04

MatchboxUnlit TorchLit Torchをクラフトできます。
Matchboxには耐久値が設定されていて64個分使用できます。05

これぐらいならちょっと大変だけどまあ大丈夫……
06

というわけにはいきません。「Realistic Torches」の世界では60分たつと松明の火が消えてしまいます。
再び火をつけるにはMatchboxか火打石と打ち金を使う必要があります。
07

「Realistic Torches」はなかなか厳しいですね。ですが火の消えない普通の松明も作ることはできます。
作成にはこちらのGlowstone Crystalが必要です。
08

Glowstone Crystalを使用すると普通の松明を作れます。作成数も少ないですしコストは高いですが…
09

ちなみにLit Torchと比べると見た目が微妙に違いますね(右がLit Torch)
10


以上で「Realistic Torches」のメイン部分の紹介は終わりです。
最後におまけ?のような機能を紹介します。

松明を手に持つと周囲が明るくなります。
いわゆる「Dynamic Lights」の機能に似ていますね。
11
12

松明以外にはこちらのアイテムを確認しました。
他にもあるかもしれませんが…
13
 

以上、 「Realistic Torches」を紹介しました。
このMODはいわゆる縛りプレイの部類のMODでしょうか。
こういう種類のMODも意外とあるんですよね。私はなかなかやりませんが… 



最初にも書きましたが、ようやく1.9ForgeのRecommended版がでました。
今後続々と大型MODが1.9に対応するかもしれませんね、楽しみです。
では、れお専務でした。 
MOD導入の流れ
  1. 導入したいMODForgeをダウンロードする。
  2. Forgeを導入して一度Minecraftを起動する。
  3. MODフォルダにダウンロードしたMODを入れる。
  4. MineCraftを起動してMODの導入を確認して終了。